池袋の美容院・美容室。池袋マルイ・駅西口C2出口より徒歩5分。日の光の差し込む店内でリラックスしてください!

メイン画像

Prism/トリートメント

[ふっくらやわらかい大きなウェーブ]に憧れる子、必見!!プリズムは痛んだ髪の内部に栄養分をしっかり補給し、健康な状態に近づけながらの施術。 ダメージが少ないうえに、通常のパーマの約2倍長持ち!! こて、カーラーを使わずに乾かすだけで立体感のある[グラマラスカール]が誕生。 朝のお手入れも簡単!!

<デジタルパーマの手順>
1.毛髪診断
ダメージ状況をしっかり把握します。
2.プレシャンプー
シャンプー後ウェット状態でもう一度毛髪診断します。
3.コーミング
損傷に合わせてV-KPP前処理します。 その後、たっぶりD-HPTをたっぷり塗布します。
V-KPP :
ケラチントリートメント
D-HPT :
オイルトリートメント
4.第1剤塗布
スタイル及びダメージ度に合わせて薬剤選定。動きや表情のほしい部分に第1剤を塗布。
キャップをし約10~15分自然放置。
5.軟化チェック
指に巻きつける、つぶすなど、通常の方法で数ヶ所、軟化チェックします。目安は、縮毛矯正の約7割程度。 軟化チェックとはパーマがかかる状態になっているのがチェックすることです。
6.中間水洗
中間水洗後、やさしくタオルドライします。
7.ワインディング
必ず、ウェット状態で、ワインディングします。(乾いた上体ではかかりません)。スライス幅は毛先の厚みを考えて均一に取ります。
8.断熱シート
頭皮をキューラー(加温ロッド)の熱から守るために断熱シートをしこし巻き込みます。
9.加熱
DS-300Qの標準設定 ダメージ小:高温 ダメージ中:中温 ダメージ大:低温 加熱時間:20分 クーリングタイム:5分
10.キューラーオフ
ターバンを巻いて肩かけトレイをつけ、キューラー(加温ロッド)をはずします
11.第2剤前処理
髪をウェット状態にします。
12.第2剤塗布
カールを保ちながら、やさしく塗布します。 量は第1剤の1.25倍。 約10~15分自然放置。
13.プレーンリンス
必要に応じてトリートメント。
14.ドライイング
スタイルに合わせてドライイングします。
     

熱処理によって栄養分を固着

驚くほどつやつや、さらさらな仕上がり

効果が長持ち!!

施術時間わずか20分!!

1.毛髪診断 ダメージ状況をしっかり把握します。
2.プレシャンプー シャンプー後ウェット状態でもう一度毛髪診断します。
3.完全ドライ 一度、全体をしっかり乾かします。
4.プレトリートメント ※プレトリートメントはダメージに差があるときにします。
5.試し巻き GPの一部へ粧剤を塗布し、カールを出したいロッドで試し巻きをします。
6.粧剤の塗布 ブロッキングをし、各セクションごとに、下から丁寧に塗布しクシでとかします。
7.ストランドテスト 塗布が完了したらGPのロッドを外し、かかり具合をテストし、ロッドを選定し直す。
8.ワインディング デザインにしたがってワインディング
9.テスト 巻き始めと巻き終わりのロッドでテスト
10.固定 Fix1.8を毛髪にしっかり吸収する量を塗布し10分~15分自然放置
11.ロッドオフ 弾力と硬さをテストしてロッドオフ
12.シャンプー パーマ液を洗い流します。
13.仕上げ スタイルに合わせてドライイングします。

△Priceページに戻る